清住白河の新しいランドマークビル

テナント・住居複合ビル 新築
延床面積:約500㎡
敷地面積:約140㎡
用途:店舗、事務所、賃貸住宅
着工:2022年 10月
担当:基本設計、実施設計、工事監理
施主:東京レーベル
施工:スカイフィールドコーポレーション

清澄白河は、大きな公園や庭園が集中し多くの木々と触れ合う環境に恵まれているだけでなく、現代美術館が作られたのをきっかけにギャラリーが多く点在し、アートとみどりの両方が散りばめられたポテンシャルの高い街となっています。
一方で、当該敷地のそばを通る清洲川通り沿いの建物は、あえてグレートーンでまとめられているかのように、街路樹に乏しく、道路のグレー、建物のグレーが強調された風景となっています。

本計画では、街全体が持つポテンシャルを生かしつつ、周辺のグレートーンの街に新しいランドマークとなるような存在にしたいという想いをそのまま外観デザインに反映したいと考えました。

街の魅力である「アートギャラリーの白」をベースとして建物全体を白の背景で覆い、「木々豊かな街」を木材と捉えて、それをアートフレームで切り取ることで、街のポテンシャルをそのまま外観に映し出すことを目指しました。

街の特徴を強化し、周辺の街並みを明るくするファサードデザインの提案です。

コンセプトダイアグラム – 清澄白河の街の魅力をそのままファサードに変換 –